歯と噛み合わせの健康を考える

小児歯科

小児歯科では、成長発育中の子どもを対象としています。
治療だけでなく、予防や健康管理なども行います。
1歳6カ月検診、3歳検診も行っていますので、ご相談ください。
おもな診療内容は次のようになります。

  1.  食生活や歯みがきの指導

    子どもの時期に身についた習慣は大人になってからも引き継がれることが多いです。
    この時期に正しい食事や歯みがきの習慣を確立することが生涯にわたってお口の健康を維持する上でとても重要です。

  2.  むし歯や歯肉炎の予防と治療

    乳歯のむし歯は成人のものと比べて進行が早いため、要注意です。
    進行すると永久歯の発育に悪影響を及ぼします。
    はえ変わるからといってむし歯を放置せず、きちんと治療しましょう。
    治療以上に予防が大切です。フッ素を塗ることでむし歯になりにくい歯になります。
    定期的(3カ月~6カ月ごと)に継続してフッ素塗布を行うと効果的です。

  3. 乳歯から永久歯へのはえ変わりを導く

    将来、永久歯がはえるスペースがあるかどうかは、永久歯の前歯がはえた時期に歯型(模型)をとって予測することができます。
    また、永久歯へのはえ変わりを導くために、簡単な矯正装置を使用することがあります。
    将来はえる永久歯がもともとない、または余分な歯があごの骨の中に埋まっている場合があります。
    そのような異常の有無はエックス線写真を撮って確認します。

  4. 外傷の治療

    前歯をぶつけた、折れたなどの口の中のけがの治療を行います。
    歯の状態や外傷の程度によって治療方法は変わってきます。
    痛みがなくても、その後の歯の発育に影響を及ぼす場合がありますので、必ず歯科受診して下さい。

歯科医院は “怖いところ”というイメージを持っているお子様も多いかもしれません。
治療が初めてのお子様や、治療を受けた経験の少ないお子様が恐怖心を持たないようにできるだけ痛みの少ない治療と、優しい対応をこころがけています。

Share

お気軽にお問い合わせください TEL 082-814-2225 受付時間 午前9時~12時半 午後2時~6時 (水曜 ~5時)
土曜午後・日曜・祝日休診

PAGETOP
Copyright © 山﨑歯科医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.